FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

コリアンダイアリー

○○韓国雑感 韓国は楽しい○○
  

 元福岡県ソウル駐在員の山下です(現在、県国際交流課在職)。韓国に住んで見ると、本当にいろいろなことがありました。楽しいこともありました。現在福岡なんですが、一韓国ファンとして皆さんに情報発信をさせていただきます。


トップページへ

ご意見、ご感想
ビールをクリック

 

過去のダイアリー
2006年(
11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2005年(
12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2004年(
12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2003年(
12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月)
2002年(
12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月)
2001年(
12月11月10月9月8月4月7月
   
toppage   10月日記   12月日記

2005年11月30日

井筒屋前のオブジェ クリスタルペットツリー
その2 その3 
その4 市民の手で福岡・釜山に東アジア平和共同体を

早いですね。11月も今日で終わり
 
 月日のたつのは本当に早いと毎月思っています。同じ1日なのですが、月が替わるとなるとそう感じるのかもしれません。来月は、年末ですからね。今回の体調不調もあわせて、いろいろ考えましたね。市内は、あちこちで、クリスマスへ向けての照明を始め、オブジェも陳列始めましたね。イムズのオブジェいいですね。アイデア商品というか、デザインは大変だったでしょうが、ペットボトルなんて信じられないし。話題性はありますね。

 駐在員も3月には帰ってきます。ドイツの方は帰ってくるかどうか知りませんが、駐在員の中では一番の働きでしょう。ドイツ語でのセミナーを始め、やはり、伝わってきますよね。自分たちの一番根本にあるドイツ語で話をするのですから。人間関係ってこんな感じのが多いんですよね。あなたがいるなら、福岡に行こうかと思うが・・・ 最終的に絞る時には、そんな人間関係になってしまいますから。
 問題なのは、そんな、マニュアル的な話をできる人が少ないということでしょう。私の場合、駐在期間が結構なりますので、いまさらというのもありますし、結構、駐在員で考えて動けよという話もあるし、そこで、やる気のある人とない人との差も出てくるわけでしょうかね。少なくとも、今何が大事で、これからは、こんなことをしなくてはいけない・・・ やはり、最低必要なことでしょうね。そんな、ことを話せる人が、やはり、上にこなくてはというのもあるのでしょうね。

 私なりに 政策的なものはいろいろあると思うので、私からコメントできませんが、駐在時代を通じて感じたことですが、軽いことから・・・ @事務所不在の時期は作らない。不在になるのであれば、転送システムを導入等、A通訳が必要であれば、現地の職員を使わず、通訳を雇う。B土日、休みも携帯電話の電源を入れておく。そういったときほど情報収集が必要だから。Cできるだけ、現地にとどまり、日本には、帰ってこない・・・ 私が、以前感心したのは、台湾事務所の所長さんでした。一人事務所で、いつも転々としていて、事務所にいる時間はあまりないのですが、先ほど話したように、転送電話を駆使して、時間を作るんですね。もちろん、言葉も流暢だから、一人で動き回れるし・・・

 ただ、難しいのは、駐在員の年齢層があがったことにより、はっきり面と向かって言える人がそう多くない。その上司の方に海外経験をした人が多くないので、駐在員としての業務認識がはっきりと浮かばない。逆に、私達のような、経験者の意見が反映される場がない・・・となってしまうんですね。だから、こうして、書いているというのもありますが。駐在の皆さん、日々、業務は重くなりますが、健康に留意され、がんばってください。 


2005年11月29日

11月15日 韓国の教育大県庁表敬 落ち葉が増えましたね 県庁 九大側
歓迎会をした都ホテルのオブジェ その2 
その3 その4
その5 会場の光

初めての海外、それは、福岡

 個人的には、駐在員をしていたこともあると思いますが、来客に対する思いやりは、ある程度あるのかなと思います。内の職員もそうです。できることは、やろう。無理にならないように、そういった方向性があるようです。ただ、内の課の業務を見ているとみんな、無理をしています。それは、感じますね。そういいつつ、「韓国から、福岡へ連行され亡くなった方の遺骨を韓国に帰す業務を内の課で、できないか・・・」 と上司に話をしたところです。人員増という条件で。来年は、この動きがもっと活発になるからですね。どこの課だって、そんなノウハウ持っていないでしょうから(もちろん内の課もありませんが)。ただ、内の課というか、内の班は、韓国担当ですから。 

 おかしな人だと思われる方も多いと思います。なぜかというと、わざわざ忙しいのに、自分のところ仕事を持ってきてどうするんだ・・・と、おっしゃる通りです。私の持論なのですが、韓国との交流は、所詮、人間関係、近所つきあい。韓国の仕事は、私の仕事。それなら、韓国の仕事は、私がすべきだと思うわけで・・・ そういう意味も含めて、遺骨探し、韓国本土に返すことは、日韓交流の象徴的な事業だと思いますし。

 まあ、何だかんだと言っても、仕事は、その個人についていくようなところがあって、私の個人的な意見で、上の方に届くかどうか・・・ 国際交流は、やる時はやりましょう。相互利益がなくてもそれはそれで、ご近所付き合いですから。近所の方が、あいさつしたい、会いに行きたい、意見を聞きたい。そういわれたら対応すべきでしょう。それを、むげに、うちにはメリットありませんから、言葉できないので、そんな理由で断りませんよね。


2005年11月28日

11月12日 年輪ピック本番会場 その2
その3 その4 社長とわれわれは呼んでいる
帰りがけに見えた風景 その2

 代休をもらいます・・・

 この年輪ピックが土曜日開催だったので、代休をもらうことにしています。というか、木曜の午前中も金曜日も体調が悪く休んでしまったのですが、本当にたちが悪いというか、土曜日は、夜間の救急医療を受けてきました。笑ってしまいます。だって、土曜日は、足の治療で病院に行っているのですから。夜熱が下がらず、咳も止まらず、お医者さん曰く、特段、のどがはれているわけでもなく、肺の呼吸も異常はないとのこと。その言葉を聴いて落ち着いたというか、熱下げの薬も飲んだこともあり、寝ることができました。

 下痢とか、吐き気があるから、栄養のバランスが悪いのでしょうと・・・ 明日、内科の病院へ行こうと思っていますが、本当に、熱と咳がないと楽なのですが。いつもこんなことがなかったので・・・ 病床の皆さんのことが、こういう機会でないとわからないというか。人間というものは勝手なものですね。ただ、今回のことはいい勉強になりました。無理はしない、してはいけないということですね。

 県庁では、その辺厳しいものがあります。体調を崩して、その業務ができないというのであれば、降格になるのです。業務をこなしていくので、やはりそれはそうだなと思いつつ。特にこのところ、職員が高齢化しており、なかなか係長にもなれないような状況なんですね。40過ぎで、係長、50過ぎで、課長なんて、なかなか難しいですね。私達は、知事のことを社長と呼びます。社長がどのように考え、何をしたいか的確に把握をしなくてはいけません。特にこのところ忙しい方ですから。そんな、プレジェクト室があって、そこで、調整してもらえると当方としては本当に助かるのですが。国際関係になると私達が調整に入るのですが、知事が本当にそんなこと言っているのといった具合に・・・ いや、内容はわかったが、知事の本意はこうだとか、楽な方に逃げるんですよね。しかるべき方が、メールで的確に指示すれば(もちろん知事にもccで)それで終わりなんですよ。


2005年11月27日

11月12日 年輪ピック本番会場に入る選手 オブジェ
その2 青空に生えるシーホークホテル
手前には、ビクトリーマークと鷲 その2

職員調書提出

 この時期になると・・・ 昔は、もう少し遅めでしたが、職員調書なるものを出します。これは、今の職場を替わりたい、替わりたくない、どちらでもないから、始まり、住所の確認、経歴の確認、替わりたいなら、どんな職場につきたいかと続きます。また、身内が同じ職場になら無いような配慮もされるようです。夫婦同じ職場だとやりにくいですよね。直属の上司なんてなるとなおさら。だいたい5年で異動です。もちろん人によって、私のように1年で替わるようなこともありますが。

 どうせそんなに早く替わる事無いからと言ことって、3年くらいは、あまり本気で書かず、4年目に本当に行きたいところを書くなんてことを言われた方がいらっしゃたのですが、直近だけではなく、その前の希望も参考にするとのことでした。まあ、何事も正直ベースといったところでしょう。最近では、どの課がどのような仕事をするので、このような人が好ましいといった指針が作られています。

 大体こんなことをするのかとは思うのですが、なかなか、具体的なイメージがわいてきませんね。それこそ課紹介のDVDみたいなのがあるといいかもしれません。ただいえるのは、仕事は、仕事の内容はどんどん変わってきています。私の場合、韓国に特化させていただいていますが、昔は、そんなに交流なんて多くなかったし、姉妹校流を求める学校もそんなにありませんでした。今は、韓流も追い風になり・・・

 視察を希望する団体も増えました。先進地視察で、まずあがるのが日本、距離的に近くとなると福岡となってしまうようです。韓国側から、求められる交流は、基本的に受けるべきだと思っています。相互利益が無いから交流をしないというのであれば、交流できる部分は、ごくごく限られたものになります。その辺の感覚を行政マンは持って欲しいのですが、国際と言葉がつくだけでアレルギー反応をする方が多いというのも事実です。そんなもん、国際交流課ですればいいじゃない・・・ 個人的にはそれでもいいと思います。ただ、トップの考えは違って、それぞれ、各課が対応しろとなっているもので。経済ベースで見ても、異動は、バスを使います、ホテルに宿泊します、食事もします、お土産も買います・・・ これだけでも十分経済効果あるような気がするのですが。

 さて、私は、替わるのでしょうか・・・ ちなみにどちらでもなし。本当は、駐在員として韓国に行きたいのですが。韓国に行ったら、あれをして、これをしてと思いはあります。ただ、100%できるかというと、保障はできませんからね。


2005年11月26日

11月12日 年輪ピック本番の朝風景 その2 
その3 昨日の雨がうそのよう その4  
その5  その6 私達のユニフォームは黄色の上着

やはりうちのメンバー3人は、きついかな

 当課韓国班のメンバーは、3人ですが、3人だけでは、結構きついなと思うこのごろです。もちろん、知事交流会議といった大きなイベントの時は、他の班にお願いをし、それで何とか回ったというのもありますが、それでもアルバイトの方が一人とか、二人、その期間いれば、どんなに楽だったかと思ったわけです。

 それと、昨日のように表敬訪問がある時もつくづく感じました。会場が、県庁内で無いので、会場設営に、2名そちらに早めに向かいます。残りは、私だけなのですが、電話でぎりぎりに話がはいてくる。県庁内には、防災訓練があるので、入らないでと伝えていたのに、県庁内に入ってくる。それで上司にお願いして、出迎えだけしてもらうことに・・・ 

 ところが、表敬訪問は、当方だけではなく、同じ時間帯に別の課の表敬訪問。人数が明らかに違うのに、国際交流課受け入れの団体に引率して連れて行ってしまう始末。当方にも問題がありました。人数が少ないのですから、ぎりぎりの電話は受けない。ぎりぎりの電話は、携帯にまわしてもらう。上司に説明が不足していた。メンバーが、防災関係の訪問だと思い込まれていたので、変に県の職員に説明をすると誤解を与える。明確に私が、指示を出し切れなかった・・・ 反省でした。ただ、うちのスタッフは、きちんと対応してくれました。


2005年11月25日

11月11日 リハーサル風景 その2 竜が動いてます
ドームの天井 その3 踊れ  
その5 さあ、踊れ その6 太鼓も響きました

済州道の訪問団

 優秀な成績を収めた職員を、海外に派遣するプログラムがあるとのことで、このプログラムに乗って、済州道の優秀な公務員が、長崎県と、福岡県を訪問しましす。以前、私が公務員になったころ同じようなシステムがあったのを思い出しました。何てことは、無い、その職場に5年間勤務すると優秀な、先進地を視察できるというもの。

 私の場合、福祉事務所でしたので、倉敷の福祉事務所を視察したことを思い出します。いいプログラムではありますが、今では、経費を抑えることを始め、いろいろな意味で、もうなくなってしまいましたが。当時の私にとっては刺激的でありました。福岡だと、保護者の方の就職なんて無いだろうけど、倉敷では、当然のことながら、就職があるんですね。ずいぶん、地域によって違うものだと感じたものです。保護率がものすごく低く、話が合いませんでしたね。

 今や、それが、韓国においては、韓国内ではなく、先進地ということで、日本になるんですね。いいことだと思います。ただ、残念なのは、もう少し、その研修に時間をとって欲しいということですかね。せっかく福岡に来て、1時間だけの研修は、もったいないと思ったわけです。これからは、このような事例は増えることだと思います。日韓と言うか、福岡県と、韓国の自治体が本当の意味で研修ができればいいなと思っているところです。


2005年11月24日

11月11日 リハーサル風景 その2
その3 その4 
その5 その6

休みの間も寝たのですが

 休みの間も寝ました。終日寝たのですが・・・ あんまし体調は良くない。それでも今日は、表敬訪問を始め、しなければならないことがたくさんあるので、気張って、職場に顔を出そうといつもの時間に家を出てJR新宮駅に到着したのですが、ついたとたんに気分が悪くなって、そのまま、自宅へ戻りました。吐き気がひどかったもので。

 ただ、不思議なのは、1時間ほど横になっていると、吐き気もなくなったし、そのまま、駅へ向かい、病院へ行って、県庁へ、昼前に到着しました。先生に吐き気のことを相談すると、胃腸が弱っているからでしょうとの回答。それならと自分なりに考え、いつものように、飲み過ぎない程度に、酒を飲むかと思ったことです。逆に、飲まないことがストレスになっているような気がしたもので。

 今日は、昼から韓国からの訪問者が2組ありました。1組は、私ども国際交流課が担当し、もう一組は、他の課が担当したのですが、私達が担当すべき団体を他の課の職員が連れて行くんですね。これで、スタートが狂ってしまいました。まあ、仕方ないというのもあるんですね。国際交流をしたことのない団体へ、私達が、アドバイスをすべきなのに、うまくできなかったというか、手が回らなかったというか。余裕がありませんね。いろんな意味で。


2005年11月23日

11月11日 当日の百道風景 その2
その3 その4 この日は、年輪ピックのリハーサル
ドーム横には、手形が並んでました その2

昨日は「いい夫婦の日」だとか

 写真を見ながら、11月11日の年輪ピックリハーサルは、雨が降っていたよなと思い出してしまいました。大きなイベントであり、失敗できないよなと思いつつ、このリハーサルに望んだのを覚えています。無線を一人1台貸してもらえるのですが、リハーサルの時は、ほとんど使うことがなかったのに、本番になると、いろいろなやり取りが飛び交うんですね。面白いものです。

 本番当日、2人が集合時間になっても会場に現れません。一人は、寝坊。もう一人は、完全に行事のことを忘れていたとのことでした。うらやましい、ある意味・・・ まあ、何とか、終わりましたが。その時思ったのが、本部と私達実行部隊を結ぶ担当が一人しかいなかったこと。補助する人がいるよなと思ったわけです。本部というか、幹部が多すぎると思いました。実際の兵隊が動きやすくするためにも組織を考えて欲しいと思ったわけです。

 昨日は、11月22日というので、「いい夫婦の日」なのだそうです。新聞には、お互いに感謝の言葉が書かれた投書が載せられていました。いい夫婦が多くていいよなと思う反面、みんながみんなそんな幸せなわけではないだろうから・・・ とも思ったしだいです。まあ、片方を立てれば、片方が立ちませんから、ある意味仕方ないことでしょう。そういう意味では、11月23日は、「いい兄さんの日」となるのでしょうかね。


2005年11月22日

10月27日 10月28日
10月29日 10月30日
10月31日 11月4日

生産流通課の花

 アクロ福岡で、昼から、セミナーがあるので、その時、演壇に飾るので花を持ってきて欲しいと主催者側からの依頼を受けました。県庁の1階に花が飾られるのですが、その花をお借りするというもの。窓口は、生産流通課。いい仕事ですね。花といつも一緒にいられるというか。仕事ですから、そんなに甘いものではないのでしょうが。

 預かった花は、胡蝶蘭。竹の鉢に入り、花のタイトルも「和(なごみ)」。確かに和むよな・・・ セミナーのタイトルも偶然なのですが、「和の心」笑ってしまいました。セミナー会場は、シンフォニーホールで、アクロス福岡の中でも最高の部屋です。人数も1000人は入るでしょう。その会場に、どのくらい入ったのでしょうか。1/4ぐらいかな。

 私は、お茶の文化には詳しくないので、それなりに期待して、聞いたのですが、あまり、新しいものはありませんでした。韓国が煎茶で、日本が、抹茶位の知識はありますし、そういう意味では、少々がっかりでした。日韓交流で、お茶の交流というのは面白いとは思いましたが、会場が広すぎたとか、映像を使うといった工夫が必要な気がしました。


2005年11月21日

10月18日 10月20日
10月21日 10月22日
10月24日 10月25日
 
10月26日  

お茶のセミナー

 今日、アクロス福岡で、お茶のセミナーがあります。時間のある方はお越しください。あまり、集まりが良くないようで。写真を定点で撮るというのは、面白いのですが、公開する時期が遅れてしまうというのがありますね。1ヶ月前の写真を見ても、今違うでしょうとなるわけで。それだけ報告したいというか、お見せしたい写真が多いということで理解をお願いします。

 今、韓流ということで、韓国の文化、映画等を中心にして、人気を集めています。いいことだと思います。このところ、韓国のお茶も脚光を浴びているような気がします。韓国のお茶は、日本のようにたたみ2枚とか、約束事もそんなに多くはなく、自由なのだそうです。話をしながら、お茶を楽しむというのだそうです。

 私の場合、お寺に行って、そこで、お茶をご馳走になったことがあるくらいで、お茶に対しても造詣があるわけでもありませんが。山寺の自然の中で、自然を語り、日韓を語り、お茶を飲んだのを覚えています。同じお茶でも文化があるんですね。中国は中国で、お茶の楽しみ方がまた別にあったりといった具合に・・・ 今週は、済州道からお客が来ます。直接関係ないのですが、福祉関連の大学生の訪問もあり、今週も来客万来といったところ。


2005年11月20日

10月26日 10月27日
10月27日 10月28日
10月29日 10月30日
10月31日 11月4日

通院も日課

 このところ2日に1度通院をしています。昨日は、土曜日でしたが、通院の日で、病院にいってきました。右足は、完治ということで、絆創膏が外れました。残るは、左足だけですね。相変わらず、むかつきとか、食欲不振なので、先生に相談したところ薬の影響だろうと言われました。私は、個人的には、もちろんそれもあるとは思うのですが、風邪とか引いているからじゃないだろうかと思うわけです。

 外科の病院だから、内科まで考えていないようなそんな気がしたもので・・・ 先生曰く、靴擦れで、こんなにひどくなるなんて信じられない・・・ 先生がおっしゃる以上に患者の私はそれを実感しています。何で、靴擦れで、こんなに長く通院をしなくてはいけないのかとか・・・ 薬の副作用で、こんなに体がだるいのかとか・・・

 ちゃんと痛みなく歩けるようになって本当にいいなと思っています。もう少ししたら、左足の絆創膏も外れることでしょうから。最初は、ぐるぐる巻きで、看護婦さん曰く、ドラエモン状態だったのですから。今じゃ、絆創膏だけだから、上から、靴下もはけますし。今日も先生から、良くなっている傾向が見られるというお話でしたし。食べてない割には、やせてないですね。これが不思議・・・


2005年11月19日

10月26日 10月27日
10月28日 10月29日
10月30日 10月31日
11月2日 11月4日

11月ちんぐの会開催しました

 毎月1度のちんぐの会を開催しました。体調が悪かったので、本当に直前まで行くのをやめようと思っていました。たぶん薬の影響だと思うのですが、酒を飲むと吐き気がしたり、翌日、顔が圧ぼったりして辛いもので、もう、休むつもりでいました。ところが、飲まなくてもいいから、参加しないかというお誘い。実は、釜山から、ゲストがあるというもの。

 それならということで、参加をしました。もとより、酒が嫌いではありませんから、雰囲気もあって、2次会まで行ってしまいました。行ってしまったか、本当にしまったという感じでした。案の定、顔は厚ぼったいし、体もだるいし・・・ 昼過ぎまで寝ていました。困ったものです。ゲストの方は、釜山で、伝統的なお茶のお店をしている方でした。これまでの取り組み等をいろいろ話をしていただき、それなりに勉強になりました。

 伝統的なお茶の発祥は、釜山だとのこと。私は、てっきりソウルの仁寺洞だと思っていました。あれだけお茶が多いというのは、私個人の意見ですが、お茶を楽しむ文化が浸透しているんだなということです。ゆとりにも通じてくるような。そんなお店が福岡にもできるといいような気がします。ゆっくりと時間が流れて・・・ 理想的ですよね。


2005年11月18日

10月18日 10月19日
10月20日 10月21日
10月22日 10月23日
10月24日 10月25日

今日から定点撮影の写真を・・・

 毎日、同じ場所から大体3箇所から写真を撮るようにしています。毎日撮っているのですが、天気によって同じ部右傾でも若干風景も違って見えるかもしれません。もちろん、毎日少しずつではありますが、効用が進んでいるところを見てもらえるかもしれません。なんといっても日差しがあるときのほうが、はっぱがかがやいてみえますね。

 職場の方と歩いていても定点になると私だけ席をはずして写真を撮っています。面白いですね。目ではそんなに変わらないのに写真で見ると結構、違うのですから。実は、久しぶりのダイアリーの更新です。夜は、あんまし、体調良くないからと思って、朝早めに起きるには起きるのですが、メールのチェックだけで終わってしまうというのがこのごろですね。

 今日ぐらいしておかないとと自分に気合を入れて、まあ、そこまで大げさなものではないのですが、布団に体突っ込んで、書いているというか、打ち込んでいます。知事会議が終わって、ずいぶんたつけど、まだそれに追われ続けている感じがします。足の痛みもそうですし、体調の悪さもそのころから引きずっていますからね。とりあえず、追いつけてよしとするか。


2005年11月17日

路地に咲く花 吉塚駅周辺
路地の花2 県警前の紅葉
職場から東公園を臨む 定点手前の東公園紅葉

久しぶりの酒

 最近本当に久しぶりに酒を飲みました。結果は、顔がむくれる。熱っぽくなる。吐き気もするし、実際はいてしまった。これじゃ、飲んでも面白くないし、楽しくもない。きついだけ。それで、また、しばらく、禁酒することにしました。酒の代わりに飲み始めたのが、コーヒー牛乳。もともと牛乳がすきなのですが、牛乳だと、下痢気味になる。それでというので、コーヒー牛乳なんですね。

 今も県庁1階には、ビン入りの昔ながらのコーヒー牛乳がありますが、もっぱらパック入りです。大抵500ccです。1000ccもたまに買うこともあります。なんか懐かしい味がします。もちろん飲み終わったら、中をすすいで、広げて、資源ごみとして再利用しています。薬の影響もあると思うのですが、食欲あんましないし、酒も飲みたいと思わない。

 ところが、先生曰く、もっと精のつくものを食べないと傷が治らないといわれ、わざと、近くの店で豆腐チゲを頼んだのに、なんてことはない、帰り着くころには、急に吐き気を催し、全部はいてしまったよな。あ〜もったいない。せっかく意識して食べたのにと思いつつ。急にとろうとせず、毎日、根気よくとらなくてはいけないなと思ったものです。大抵、夜は、人と会って飲んでいますから・・・


2005年11月16日

路地上の花 その2
その3 柿がたわわに実ります
その2 東公園には、どんぐりが落ちてました

11月16日は、塗料の日

 11月16日は、いい色ということで、塗料の日なのだそうです。いろいろな記念日を官が出すものです。ペイント会社はこれを記念して、いろいろなとりょうをしょうかいしたのだそうです。時期的にもそうですね。いい色が多いですよね。花はもちろんですが、紅葉もあるし、柿も赤く実りだしましたし、いい色が、目を引くこのごろです。

 知事会議やその他イベントの関係で、休日に東公園を歩いたり、職場に入ったりするといろいろな発見があるものです。県庁ロビーは、休日は当然なのですが、光が当たりません。結構薄暗いのですが、その中にというか、ロビーに花がいけてありますが、光不足で、ちょっと気の毒だなと思ったりしたり。

 東公園を歩いていると、いつもは、掃きこんであり、見ることができないどんぐりが、公園の中に自然と並んでいたりといったように、ちょっとした発見をしたりといった具合に。そういうのを見つけたりすると、なんかちょっと得したような感じになるのでした。その発見を忘れないように、カメラとボイスレコーダーは、いつも持っているんでした。その時は感動するんですが、時間がたつと忘れてしまったりといった具合に・・・


2005年11月15日

市内の花 その2
その3 その4
その5 その6 アイランド花どんたくの案内でした

教員大学の表敬と懇親会

 今日は、清州にある教員大学の学生と先生が福岡県を訪問してくれました。私は、表敬訪問の司会をして、夕方からは、懇親会に参加をしたのでした。教員大学は、現在、福岡教育大学と交流を行っています。将来、教師になるという、決まった目標もあり、子供たちも熱心に交流をしています。実は、数年前までは、教員を目指す福岡県内の大学生という切り口だったので、いろいろ個性的な子が多かったような気がします。

 それはそうと若いというのはいいことですね。すぐに打ち解け、懇親会では遅くまで話をしていました。こんな場を作るのがわれわれの使命だななんて勝手に思ったところでした。私は、まだ、本調子じゃないので、そこそこ飲んで、通訳をしていました。学生たちは、学生たちで勝手にやるので、私としては、引率の先生のお世話というか、通訳を担当させてもらいました。

 2次会に行く時も当然のように声がかかり、会場の手配等々...気がつくと、8人中7人が韓国の方で、残り1名が私、日本人となってしまいました。まあ、良くあることです。そしてそれの方が楽です。変に通訳しなくていいからですね。思ったことを思ったとおり、韓国語で伝えれば、それで終わりですから。今日も1日が短かったなあ


2005年11月14日

今日も全羅南道国楽団の皆さん その2
その3 その4
その5 路地の花

ちょっと残念

 12日から年輪ピック(60歳以上の方のスポーツと文化の祭典)が福岡で始まり、県内各地で15日まで繰り広げられます。私達は、開会式のリハーサルを前日の11日本番を12日に担当し、会場での誘導等を担当しました。足を負傷しているものにとっては結構きつかったけど、皆さんに喜んでもらえればと思って、それなりにがんばりました。

 無線機もそれぞれ、持たされ、わからないことは、すぐにこれでといわせることができます。最初の方は、まばらでしたが、時間がたつにつれ、いろいろな質問が入ってきます。中には、ちゃんと打ち合わせの時質問を聞いていないなというようなものもありましたが。それはそれとして・・・ リハーサルの時は、会場内部でのリハーサル風景を見ることができたのですが。本番では、会場にいるものの、そんな余裕は、全くありませんでした。

 会場から、それぞれの競技場へ案内のため、団体を集めていた時のことでした。年輪ピックの旗が欲しいという選手の肩からの問い合わせに答えるため、本部に問い合わせたところ、開会中、他の会場でも使うので、今分けられないという回答。その旨伝えたのですが、選手が去ったあとには、旗が、20〜30ぐらい無くなっていました。スポーツマンといいながら・・・ ちょっと残念でしたね。


2005年11月13日

今日も全羅南道国楽団の皆さん その2
その3 その4
その5 その6

眠れれるおやじ

 このところの睡眠時間は、すさまじいですね。昨晩食事を済ませ、横になったら今日の夕方4時ですから。病院からもらっている薬とか、点滴の影響でしょうね。そろそろやめないと一日中寝ているような生活で、ちょっとこちらも調子が悪いですね。気力がないから、すぐに横になる。目が覚めたら、職場に向かう時間といった具合ですから。

 それだけ、良くなったということなのでしょうね。以前は、ちょっと歩くだけでも痛かったり、温みが来たりしていましたが最近なくなりましたし/// それにしても思うのは、健康のありがたみということですね。酒飲まない・・・ いいことじゃない。確かにいいことではありますが、飲みたくても飲めないのですから、健康状況が悪くて飲めないということですから。

 まあ、理由はいろいろあるにしろ、しばらく、酒を抜くというのはいいことですね。その分、病院代ということなのでしょうが。酒代と比べたら、病院代、安いですから。かといって、ずっと通院したいとも思いません。この病院の先生は、皆さん親切です。そんなに患者さん多くないから、いつでもいいですよという言葉に誘われて行ったのですが、お勧め時間帯は、受付が始まる直前8時15分とか、終わる、30分ぐらい前だとそう待たなくていいようです。


2005年11月12日

今日も全羅南道国楽団の皆さん その2
その3 その4
その5 その6

昨日は、思ったより楽でした

 今日は、いよいよ本番です。昨日のリハーサルは思っていたほどきつくはありませんでした。歩くことは歩きましたが、それだけ良くなっているということでしょう。毎日、点滴を打ち続けてますからね。点滴がいいのだそうです。歩き回るとむくんでいた足が、最近では、歩くのをできるだけ避けようとはしているのと、帰宅したらすぐ寝るので、ずいぶん楽です。きっと点滴効果でしょう。

 昨日も仕事を終え、6時半に包帯を交換に行ったつもりでしたが、やはり点滴を進められ、うってきました。時間外だったし、皆さん拘束したら悪いと思ったのですが・・・ 気持ちのせいか、点滴後、熱が上がるような気がするのと、アルコールを含めて、食欲が出てきません。もう少しの辛抱と自分に言い聞かせていますが、いつ直るのかわかりませんね。

 昨日、年輪ピックの打ち合わせで、福こい連のIさんと会いました。やはり、福岡といえば、この方でしょうと自分も勝手に決めているその方に会えて、うれしかったですね。彼は、彼で、私の名前もちゃんと覚えていてくれてうれしかったというのもあります。さあ、今日は、いよいよ本番、うまく行きますように。それにしても、年輪ピックの写真はいつになったら出てくるでしょうかね。そうなんです。しばらくは出てきません。


2005年11月11日

今日も全羅南道国楽団の皆さん その2
その3 その4
その5 その6

今日は動員、ちょっと不安

 今日は、動員で福岡ドームで終日仕事。今日だけならいいのですが、明日も終日そうなんですね。明日、年輪ピックの開会式が開催されるのですが、そのリハーサルと本番なんです。長く歩くのが辛いというのと、午前中はまあ、大丈夫なのですが、たいてい夕方というか、夜遅い時間になると足に、温みが来て、熱が出始めるんです。

 もっと早ければ、誰かに交代もお願いできたでしょうが、今週になってで、説明会も終わり、週末だから予定も入れてあるでしょうから。それに自分から、言いにくいというのもあります。ただ、うれしかったのは、私の部下に当たる方から、大丈夫ですか、私が・・・ と言ってくれた事です。ただ、その日、代休を入れており、実質難しいし、彼も、ぜんぜん休んでないし、一番疲れているからですね。

 このことにかかわらず、大丈夫ですかと、あいさつ代わりの人と、本当に考えて言ってくれている人と、逆に全く判らずに使っている人といろいろいらっしゃるというのがあって面白いなと思ったのでした。例えば、いや(大丈夫じゃない)、いろいろあってですね・・・ それなら、担当課長に説明に行きましょう・・・ うれしいと思ったのですが、その言っていただく内容をわかっていただいてなかった。もちろん気持ちはありがたく思っております。内容を説明すればいいだけですから。それじゃ、行って来ます。


2005年11月10日

全羅南道国楽団の皆さん その2
その3 その4
その5 その6

予定では、再来週韓国なのですが

 予定では、再来週勧告を訪問なのですが、どうも体調も良くないし、本当に行けるのでしょうか。不安です。業務的には少し時期をずらしても問題はないのですが・・・ 韓国へはずいぶん行っていませんね。そうは言いつつも、韓国から来客もあり、こんな観光説明会もあれば、それになんといっても私の班は、韓国班なので、私が韓国に行こうが行かなくても関係なく、韓国とのかかわりの事やってますけど。

 そういう意味で好きなことができることに感謝をしています。このところそんなに多くはありませんが、セミナーで話をさせていただいたりとか。近々では、12月3日に話をすることにしています。以前は、国際経済観光課に所属していたこともあり、経済関連の話をしてくれというリクエストが多かったのですが、今、ザクッとした形で、韓国との交流ウンウンとか、韓国についてとか、というのが多かったですね。今回は、「韓国をはじめとする私の国際交流」という、なんでもありのテーマなんです。

 韓国での駐在経験、現在の韓国との仕事、NPOとしての活動・・・ 話すことが多くて、時間が足りないような、逆にそんな心配をしているところです。これが自分のライフワークというと大げさですが、熱く、前向きに、裏切らず、親切に・・・ それは、壊れないでしょうね。だから、自分と正反対な人に会うと、業務面でも付き合いたくない。もちろんプライベートでも、そう、本能的に感じてしまうのかもしれません。逆に言うと困ったものではあります。要領が悪いというか。


2005年11月9日

テーブルの花 結構高いんですよ ちょっといいですね
全羅南道観光説明会 国楽団の皆さん
の華麗な踊り が続きます

今日、仕事休みました

 昨日、病院に行ったときにだいぶ良くなっているけれど入院を勧められ、どのくらいですかと聞くと1週間くらいだというんですね。特段治療というより、足を高くして、静養するというのが目的だということ。それなら自宅でもできるから、とりあえず1日やってみようかなとその時思ったのですが、昨日帰宅した時に足がむくんで、体全体辛いので、それならというので、今日午前中病院に行き、そのまま、自宅で休みを取って休んでいました。

 体は正直というか、楽ですね。これを1週間続けるとかなり良くなるのでしょうが、そうも行かず、明日は、病院によって、職場へ向かいます。今一番気になっているのは、日韓で新たに決まった、防災交流です。それも、昨日、ちょっとした案を作って決裁まわしてますので、ちょっと一息している面もあります。私は、電話でそれも長電話での話しは苦手です。ひつとは、言った言わないの話になるとか、ということはもちろんですが、自分の仕事がそれによって中断されることです。電話好きの方には失礼ですが、次回からは、メールでお願いしようと思っているところです。記録としても残りますから。

 先日の知事会議での実務会議は、もめないだろうと思っていました。というのは、事前に、日本国内でもすり合わせをし、韓国側ともすり合わせをして、新たに出てきた新規事業について、議論になるのかと思っていたのですが、思わぬところに伏兵がいたのでした。某県(同じ県)のお偉い方2人、これまでのすりあわせを全く無視して、平気で発言をするのですから。偉い方の発言ですから、それは話し合い済んでることでしょうと司会をしている当方の福岡県生活労働部長も言えず、いちいち他県の意見を聞く、他県は、ちゃんと事前の話を了解しているからゴーサイン。

 この会議は、私個人的というより、福岡県も重視している会議です。それで事前に何度も会議を開き、日本側の意見としてこれで行こうと決めてきました。すみませんが、もう少し、その辺を考えて発言をしていただくようにお願いします。知らないなら、発言をしないとか。担当として辛いし、他の県の皆さんにも申し訳ありませんので。次回参加されるかどうかわかりませんが、よろしくお願いいたします。


2005年11月8日

ホテルの部屋の照明 ホテル廊下の照明
知事交流会議入り口 看板低め、これがカメラマンには好評
知事の皆様の前に置かれた花 知事会議風景

何といってもそれぞれのトップ

 知事が何を考え、どうしたいのか、それを考えろとよく言われていました。私の場合は、知事に韓国関係で意見を求められることがあるので、結構、会う機会が多いと思います。ただ、他の職員はそんなに会う機会がないわけでそれで何を考えているか理解する方が難しいわけです。知事会議もそうです。われわれは、参加しているのです知事の考えが良くわかるのですが・・・

 参加してない人に伝えるのは難しいですね。ただ、それを伝えるのも私の仕事なので、明日、その説明に行こうと思っています。議事録ができるまでにまだ時間がかかるので、その間、いろいろ大変ではあります。人によって、同じ上司といいながら、知事が、これやってくれないか・・・ その一言で、予算を要求するんですね。さすがだと思いました。

 当然、全く対応できない上司の方もいらっしゃいます。どうせなら、自分なら前者になりたいなと・・・ただ、そんな、上に行く予定もありませんが。知事は、知事で、いろいろ思うことが多いようです。この知事とこの知事は仲いいなと思うし、それぞれの思惑があるような。政治家だなというより、ちょっとしたプライドのぶつかり合いなのかなと思ったり。偉くなるとそれはそれで大変ですね。皆さんは、そんなこと意識していないのでしょうが。


2005年11月7日

シーホークの照明 シーホークの玄関
シーホークの天井 花のアップ
オークラに戻ってきました その2

今日病院へ行ってきました

 なかなか時間が取れなかったのですが、さすがに足も痛いし、会議も終わったから、会議報告を関係各課に伝え、その足で病院に向かいました。病院では、靴ずれのため・・・と記載したもののちょっと恥ずかしかったのですが。お医者さん曰くよくここまで、我慢しましたね。休める状況じゃなかったし、自分としてもすぐに直ると思っていたからですね。自慢にはならないですね。

 いきなり、2,3日入院されますか?え、入院ですか。毎日通院ではだめですか?それで、それを認めてもらい。入院は免れました。良かった。ただ、酒は控えてくださいとのこと。しばらくは飲めませんね。まあ、点滴を終えて、お腹もすかないし、飲みたいともあまり思いませんでしたが。熱が40度近くあるのも怪我のためであり、風邪は関係ないとのことでした。

 不思議と点滴を終えると気分が良くなっていました。熱もだいぶ下がったし、痛みもないし・・・ 逆に、わけのわからない人というと失礼なのですが、後ろ向きの方の発言で胸が痛いですね。知事がやれと言われ、その担当課長がわかりましたといっておいて、そんなことはわからないじゃないか。それなら予算措置もできないというんですね。その態度が、私には、わかりませんし、理解できません。社長がやれということを部下は聞くべきでしょう。そう思うのですが。私も老婆心と思いつつ話をしているのですが、なかなか通じず、自分としても馬鹿みたいだと思うわけで。正直疲れました。良かれと思ってしているのに。結局、責任を問われるのは、担当課長なのですから。


2005年11月6日

システムLSI風景 パネルの見学
再びシーホーク その2
その3 その4

今日はNPOとの交流会

 釜山から船1台を借り切って福岡へやってきました。福岡の前は、ウラジオストックとのこと。セミナーは11時から始まり、15時までありました。最初の1時間30分は、団体からの基調報告。次の1時間半は、交流会でした。交流会はあっという間に過ぎていきました。全体で、450名の参加でしたが、私達との交流した団体は、80名だったかな。

 他の団体は、歴史視察とか、市内視察といった具合にいくつかの団に分かれていたそうで、これからは、釜山を中心とした交流の必要性を実感したところでした。交流会終了後、市内を視察したあと、上海へ向かうとのことでした。なんかすごいですよね。韓国のパワーを感じます。費用はすべて釜山もちとのことでした。

 やはり、人を育てるには、お金が必要で、いろいろな意味で、手間隙をかけないと難しいですね。ちょうど、先日、日韓海峡サミットが福岡で開催され、それが官の交流というのなら、今回の交流は、民間交流ですね。両方に顔を出せるというのはいいのですが、いまいち体調が悪いのが・・・ といいつつ、結構飲みましたね。


2005年11月5日

オークラ前の看板 オークラ三階チェルシー前風景
トヨタ前の看板 その2
トヨタ展示室 記念写真を撮りました

いまいち体調が・・・

 いまいち体調が良くないため、ずっと寝てました。ずっと寝るのも疲れるものです。腰は痛いし、といった具合に。というのが、明日は明日で、集まりがありそれに出て欲しいといわれている関係もあり、自分としては、明日にベストコンディションと思って望もうと思いまして。釜山から、船で、450名来るというのです。そのNPOグループとの交流があったもので。

 写真は、知事交流会議の時の写真です。主にトヨタ自動車の視察の時の模様です。看板には特に思い入れがあります。たいしたものではありませんが、実際に看板作成案を作り校正をしたのですから。まったく業者任せにしていたのであれば、そこまで思わなかったと思います。上司の一言、雨がぱらついているから記念撮影やめましょうか。

 いやいや、担当としては、多少の雨が降っても記念写真はやりたかったので、こんな感じで、記念写真が残っているのでした。これで、少なくとも看板が、記録として残りますから。そんな、担当の些細な願いというか、望みなんです。


2005年11月4日

居酒屋 スナックの花
その2 JR吉塚駅の夜景
バラはいいですね 近所の柿

熱が下がったら元気に

 げんきんなものです。薬を飲んで、熱が下がると体調が良くなって、遅くまでおきているのですから。といいつつもあれだけ寝れば眠れないというのもありますが。ずっと、気を張っていたから、その間は良かったのでしょうね。いったんそれが無くなってしまうと、足の靴擦れも痛いし、頭もがんがんするし・・・ でも、当日倒れるようなことがなくって本当に良かったと思います。

 今日、1日仕事をすれば、明日からまた休みですから。今度は、したいことをすることにしましょう。結局、寝てばかりで、何もしてませんから。まあ、寝るのも今回は必要なことだと実感したわけですが。それに、久しぶりに子供と話ができたのが良かったですね。居間で、寝ていると、犬もよってきて一緒に寝るのですが、それが変にうれしかったり、ただ、コタツの中が冷たいなと思ったのですが、それが、犬の仕業だと思うのに時間がかかってしまいましたね。

 それだけ、鈍いというかなんと言うか。なんか、一瞬にいろいろなことがやってきて、去っていってしまったというのが正直な感想です。あと、4班の大きなイベントは、韓国での実務者会議でしょうかね。個人的というか、年輪ピックの仕事が入っているのと表敬訪問の受け入れ等々まだまだ、いろいろありますが、それはそれで、何とかやっていきましょう。

 結局、体調が悪くて、午前中2時間、午後2時間休みました。朝はちゃんと起きたのですが、足が向くんで、靴が入らないんですね。靴ずれもここまで来ると・・・無理がたたったというところでしょう。スリッパ風の靴を買いました。職場につくと熱がぶり返し、それでもしなくてはいけない仕事があったので、それをこなしました。申し訳ありませんね。私がしようと思っていた仕事をしていただいて・・・ 


2005年11月3日

結婚式のあったシーホークホテル その2
近くに止められていた バイク  バルーンフェスタの紹介博多駅
一人では入りにくい焼肉屋 居酒屋で作られていたキムチ

今日は爆睡でした

 久しぶりにゆっくり寝ました。いや、寝すぎで、きついような感じです。ちょっと風邪気味でしたし、先日話をしたように足が痛いし。無理をして歩くので、余計悪いですね。わかりきったことですが。目が覚めたら、昼過ぎ、もうちょっとと思って寝て、2時ですから。不思議なもので、寝てすっきりという感じはしませんね。

 普段の寝不足がこれで解消できないということでしょうか。緊張が取れたせいか、肩はこっているし、足は、痛いし、風邪気味で、頭も痛いし、あまりいいことはありません。緊張という状況にあったから、何とかやってきたんでしょうね。緊張感をいっきに開放するというのも問題なんでしょう。荘は思ってもね。というのが、現状です。

 本当は、明日、休みたいのですが、いろいろ仕事がたまっているのでそういうわけにも行きません。ただ、ひとつの大きな山を越えたのは事実でしょう。そして、この会議で、誰がフットワークが良くて、誰が、決断をするのかというのも良くわかりました。なかなか普段の仕事では見えてきませんから。それと、某県の上の方の態度に頭にきました。内部で、打ち合わせを終えているのにそれをかき回すなんて。何のための打ち合わせなのかというのをわかっていない。まあ、その方だけでしたが。その発言で、他の県や、韓国の道、市からおかしく見られているということもたぶんわかっていないのでは。


2005年11月2日

おしゃれな料理が運ばれてきます その2
テーブルもおしゃれですね ライトアップされた花
会場周辺 その2

知事会議終わりました

 やっとというか、何とかというか、知事会議が終わりました。お疲れ様でした。ここ数週間は、睡眠時間1時間とか2時間だったと思います。いろいろありましたが、終わりました。私は、一番辛かったというか、大変だったのは、靴擦れでしょうね。やっと、直ったと思ったら他のところといった具合に、常に足を引きずってましたから。明日は、靴を買いに行こうと思っていますが。疲れで、ずっと寝ているかもしれません。

 今日は、全羅南道の観光説明会があり、参加したので、それを紹介しようと思っていたのですが、隣に座っていた某新聞社の方から貸して欲しいといわれ、本日は紹介できません。確かに道立の芸術団だけあって、さすがと思いました。そのうち紹介いたしますので、ご覧ください。ただ、この手の観光説明会は、どうなのかなと思いました。

 景品が当たるのですが、全羅南道にあるホテル宿泊券は、あまりうれしくないかもしれないと思ったわけです。いったんソウルに行きそこから国内線で、光州まで移動しなければなりませんから、ホテル代より、交通費がはるかに高くつくわけで。それで行かないという人もいるので、その意味で景品は出しましたよという、主張はできるからそれはそれでいいのかもしれませんが。本当に生きたい人が行くわけで・・・


2005年11月1日

赤いバラはいいですね 癒されます
胃袋も・・・ 天井の照明
その光を反射するキャンドルとガラステーブル バラのてんこ盛り

早いもので11月です

 今日から11月です。本当に月日のたつのは早いものです。先月の今日は、芳洲セミナーを開催してましたね。今日は、知事交流会議の本番です。やっとという感じです。準備は長くて、本当に瞬間なんですからね。前回のセミナーもそうでしたね。準備は、1年ぐらいかけて話し合いをしながら・・・ その集大成になるわけです。

 皆さんお疲れ様でした。特にうちのスタッフの皆さんは本当に大変だったですね。この事業だけではありませんから、いろいろイベントをこなしながらの事業ですからね。土日も無しに、遅くまで残業し本当にお疲れ様でした。明日で、一向は、福岡から移動ですが、もうひとがんばりですね。11月というとナンというか、今年ももう少しというイメージですね。まあ、実際そうですが。

 これからもばたばたと時間が過ぎていくのでしょうね。ある友人が、そんな流れを変えるというか、見直しをしたいというので、しばらく仕事を休み、勉強をしに、海外に行くのを希望しているとのこと。そういう制度ができ、もちろん無給ではありますが、仕事を休んで、勉強ができるんですね。いい制度だと思います。私もそうですが、もちろん友人のように、ちょっと立ち止まって、考える時間が欲しいという思いをもつ人は、結構いるんじゃないですかね。忙しいからこそ、ちょっと立ち止まりたいと・・・

 何でもやる以上は、中途半端は嫌だし、全力でという気持ちは基本的にあります。やめる方向とか、断る方向でもありません。だから、そんな人を見ると結構多いので腹がたちます。少なくとも私の友人は、前向きなような気がします。でも、少し休みたいんですね。でも、それは次に進むために必要なことのような気がします。


   
toppage   10月日記   12月日記